診療内容

耳

急性中耳炎

3歳までに約70%の子供が、一度はかかる病気です。風邪などによる鼻の炎症の後に発症するケースがほとんどです。症状は、「耳の痛み」「発熱」「耳だれ」などですが、言葉で痛みを表現できない乳幼児では、「機嫌が悪い」「耳に手をやる」などの行動に表れます。

 

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳に液体が貯まる状態で、急性中耳炎の後や、鼻の炎症が長引いている時になりやすい病気です。乳幼児から小学校低学年くらいまでに多い病気ですが、ご高齢の方にも比較的多い疾患です。症状は「難聴」「耳のつまり感」で、痛みや発熱は伴わないため、特に幼少児では発見が遅れる場合があり、「聞き返しが多い」「テレビの音を大きくする」「言葉の発達が遅い」などで見つかることもあります。

 

突発性難聴

病名のとおり、突然に発症する難聴で、原因は不明です。典型的な症状は、「突然発症する高度の難聴」ですが、難聴の程度によっては「耳鳴り」や「耳のつまり感」だけで難聴の自覚が無いこともあります。また、めまいを伴うこともあります。働き盛りの中年層に比較的多く、内耳(聞こえの神経)の循環障害や、ウイルス感染などが病態として考えられています。

 

良性発作性頭位めまい症

めまいの原因として最も多い病気で、典型的な症状は、「寝る・起き上がる・寝返りをうつ」など、「頭を動かすたび」に「1分間以内の激しい回転性めまい」が起こります。内耳にある、頭の位置を感知する耳石器の耳石が剥がれて、三半規管に入ることで起こると考えられています。

 

メニエール病

ストレスや過労などが原因で起こる、現代病の一つと言われています。症状は、「激しい回転性めまい」が半日くらい続き、同時期に「難聴」や「耳鳴り」などの症状を伴います。このような「聞こえの症状を伴うめまい発作を繰り返す」のが、この病気の特徴です。

 

 

鼻

アレルギー性鼻炎

くしゃみ発作の反復、透明で水の様な鼻汁、鼻づまりが典型的な症状です。ある時期だけに発症する「季節性」と年中症状がある「通年性」があり、「季節性」の原因はほとんどが花粉で、「通年性」の場合は、ダニ・ハウスダスト・ペットの毛などの生活環境に原因があることが多いです。薬物療法で症状はかなり改善できますが、できるだけ原因物質を除去したり、回避することも重要です。原因は血液検査で調べることが出来ます。

 

急性副鼻腔炎

風邪やアレルギー性鼻炎などの鼻粘膜の炎症をきっかけとして、鼻腔の周囲の空洞(副鼻腔)に炎症が広がった状態です。鼻をかむと色がついた粘性の鼻汁が出ることが多く、炎症の程度が強いと、頭痛や眼の周囲の痛みを感じたり、熱が出ることもあります。鼻汁の吸引やネブライザーなどの局所処置と薬物治療をしっかり行うことで、ほとんどの場合は治癒しますが、きちんと治療しないと遷延化することがあります。

 

慢性副鼻腔炎

鼻腔の周囲の空洞(副鼻腔)に炎症が持続している状態で、多くは細菌感染が原因ですが、真菌(カビ)やアレルギーが原因の場合もあります。細菌感染が原因であれば、細菌の種類に適した抗菌薬を使用し、局所処置を根気よく継続することで改善が期待できます。しかし大きな鼻腔ポリープが形成されていたり、真菌が原因の場合は、手術治療が必要になることがあります。

 

小児の鼻出血

ほとんどが鼻腔の入口の粘膜からの出血で、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎の症状が気になり、鼻をいじったり、こすったりすることが原因のことが多く、原因疾患を治療することで改善します。しかし、中には血液が止まりにくい病気が隠れていることがあり、症状や経過によっては血液検査が必要です。

 

大人の鼻出血

多くは鼻腔の入口の粘膜からの出血で、出血部位が確認できれば、電気凝固処置で止血できます。約20%は鼻腔後方からの出血で、止血剤を浸したガーゼや、止血用の素材を鼻腔に挿入し、圧迫する必要があります。高血圧や肝硬変、他疾患で抗凝固剤を服用していることも出血しやすい原因になります。

 

嗅覚障害

嗅覚障害の原因として一番多いのは、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻腔粘膜の炎症で、においの成分が、鼻の奥の方にある、においを感じる粘膜にまで到達しないことによるものです。この場合は、原因となっている疾患の治療と同時に、ステロイドホルモンの点鼻治療を行うことで、改善が期待できます。次に多いのが、風邪をひいた後に起こる嗅覚障害で、においを感じる粘膜そのものが、炎症により障害を受けることにより発症します。ステロイドホルモンの点鼻薬や漢方薬で治療を行いますが、障害の程度が強い場合は、改善に時間を要することがあります。他に頭部外傷による嗅覚神経障害や頭蓋内の病変が原因のことがありますが、頻度は多くはありません。

 

 

 

耳

急性扁桃炎

咽頭痛と発熱が主な症状で、懐中電灯でのどを観察すると、扁桃の表面に白い膿栓や膜の様なものが付着しているのが見られます。溶連菌などの細菌感染が原因であることが多いですが、ウイルスが原因の場合もあります。溶連菌は迅速診断が可能で、診断が確定すれば、ペニシリンなどの抗生剤投与を行います。ウイルスが原因の場合は、肝機能障害を合併していることがあり、血液検査で確認が必要です。

 

扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍

急性扁桃炎の炎症が、扁桃の周囲に広がった状態が扁桃周囲炎で、さらに炎症部位に膿汁が貯まった状態が扁桃周囲膿瘍です。いずれも急性扁桃炎が重症化した状態で、注意が必要です。高熱や激しい咽頭痛があり、食事や水分が摂れないことが多く、周囲の粘膜がむくんで呼吸困難を発症することさえあります。多くの場合は入院治療が必要になりますので、適切な病院をご紹介します。

 

習慣性(反復性)扁桃炎

急性扁桃炎の症状を、年に3-4回以上繰り返す状態をいいます。症状の程度にもよりますが、毎回仕事や学校を休まなくてはいけないような場合は、扁桃摘出術について検討する必要があります。

 

声帯ポリープ

声帯粘膜に発生した炎症性の隆起病変を声帯ポリープといい、嗄声(声がれ)の原因になります。小さなものは、局所麻酔下に日帰り手術で摘出できる場合がありますが、大きなポリープや、ポリープの形態によっては、入院して全身麻酔下に手術が必要になる場合もあり、適切な病院をご紹介します。

 

声帯麻痺

声帯は呼吸をするときに開き、声を出すときに閉じるという運動をしますが、この運動が障害されている状態を声帯麻痺といいます。声帯の周囲に原因病変がある場合と、声帯を動かす神経が麻痺している場合があります。声帯の周囲の病変は、内視鏡で観察することで確認することが可能です。声帯を動かす神経が麻痺している場合は、一時的な症状で回復することもありますが、甲状腺・食道・肺などに病変が隠れていることがありますので、適切な病院での検査をお勧めします。

 

胃食道逆流症

食道に酸性の胃内容物が逆流していろいろな症状の原因になる状態です。脂肪の多い食事の摂取、肥満による腹圧の上昇、衛生環境の改善によるピロリ菌感染の減少など、いろいろな要因により、最近増加して注目されている疾患です。胸やけや呑酸がもっとも一般的な症状ですが、耳鼻咽喉科領域では、喉の異物感や慢性の咳の原因や、声帯の後方に炎症性の腫瘤病変(喉頭肉芽腫)を形成することもあります。胃酸の分泌を低下させる薬や、消化管の運動を活発にする薬で、症状の改善が期待できます。

 

 

その他

顔面神経麻痺

顔面の動きが悪くなり、ほとんどが片側性のため、表情を変えた時に顔がゆがんだように見えます。耳の周囲の帯状疱疹や頭部外傷、中耳炎など、原因がはっきりしていることもありますが、原因がはっきりしない麻痺(ベル麻痺と呼びます)が最も多く、最近では単純ヘルペスウイルスの再活性が原因と考えられています。

治療は、麻痺の原因や麻痺の程度により異なります。ベル麻痺で比較的軽い不全型麻痺は通院で治療出来ますが、帯状疱疹や中耳炎、頭部外傷が原因の麻痺は、適切な病院での入院治療が必要になります。

 

味覚障害

味覚を感知するのは、舌や口の粘膜にある味蕾の味細胞で、この細胞は比較的短い周期で生まれ変わっていて、味細胞の再生には亜鉛が必要です。味覚障害の原因の約7割が亜鉛欠乏といわれています。亜鉛欠乏は、インスタント食品やコンビニ食品への依存による食物からの摂取不足のほか、他の病気で服用している薬剤が原因となっている場合があります。

高血圧治療薬、高脂血症治療薬、抗不安薬などの一部に亜鉛の排泄を促進するものがあります。治療は、できれば原因となりうる薬剤を中止・変更し、亜鉛含有製剤を服用します。

また、魚介類・海藻類・きなこ・胡麻・レバーなど、亜鉛をたくさん含んだ食品を積極的に食材に加えることも重要です。

亜鉛補充治療の効果が出るには、数週間から数カ月間くらいかかるので、気長に治療する必要があります。

 

 

レーザー療法

アレルギー性鼻炎のレーザー手術

炭酸ガスレーザーという医療用のレーザー光線を用いて、鼻の粘膜の表層を変性させ、アレルギー性鼻炎症状を起こしにくくする手術です。日帰りの手術で、とくに鼻づまりの症状が強い方にお勧めします。

 

手術の詳細について

手術時間は10分程度で、手術前後の処置も含めて、30~40分です。

  1. 鼻の中に麻酔のガーゼを挿入し、約20分間挿入したままにします。
  2. 両側の鼻粘膜の一部の表層を、レーザー光線で変性させます。
  3. 異常がないことを確認して、終了です。

術後の経過について

手術当日は、鼻汁に血液が混じることがあります。

術後一時的に鼻粘膜が腫脹し、鼻づまりと鼻汁がひどくなる時期があります。手術当日と翌日にとくに症状が強くなりますが、徐々に改善して、数日で症状は落ち着きます。

術後2週間すると、手術前より鼻の通りはよくなります。

費用について

この治療は、健康保険が適用されます。 手術費用の自己負担額は、3割負担の方で約9,000円です。
(薬剤費は含まれていません。)

 

 

舌下免疫療法

スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉の液剤を、口の中(舌下部)に滴下して、スギ花粉に体を慣らしていく治療法です。2014年に健康保険が適用された新しい治療法で、その頃はマスコミでもよく取り上げられていました。

 

この治療法の特徴について

◎良いところ

  • スギ花粉症の治癒や長期間の症状消失の可能性がある、根本的な治療法である。
  • スギ花粉症の症状が消失しないまでも、アレルギー治療薬の使用を減らせる可能性がある。
  • 自宅で出来る、痛みがない、重症の副作用の発生が非常に少ない。

 

◎悪いところ

  • 長期間(3~5年間)の治療が必要。
  • 花粉が飛散していない時期も、毎日欠かさず服薬が必要。
  • きちんと治療をしても、約20%の人には効果がない。
  • 長期間の治療で効果が得られても、時間とともに徐々に効果が弱くなることがある。
  • 治療期間中は、1か月に1回の受診が必要。
  • 軽い副作用(口や喉のかゆみ、腫れ、違和感など)は、結構な頻度で起こる(約20~40%)。

この治療法の適応について

この治療法の適応は、「12歳以上スギ花粉症の方」です。

◎治療できない方

  • 重症の気管支喘息の方

  • 悪性腫瘍、免疫系の病気がある方

 

◎治療をおすすめできない方

  • 気管支喘息の方
  • 高齢の方
  • 妊婦の方、授乳中の方
  • 重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
  • 口の中に傷や炎症がある方
  • スギ花粉以外のアレルゲン(ハウスダスト・ダニ・他の花粉)に対しても反応が高い方
  • 次の薬剤を服用中の方:ステロイド薬、β遮断薬、三環系抗うつ薬、MAO阻害剤

 

◎治療をお勧めしたい方

  • 数年後に受験を控えた学生

  • 数年後に妊娠・出産の可能性がある女性

  • 眠気などの副作用で、アレルギー治療薬が服用しにくい方

 

治療のスケジュール

  • 治療を開始する前に、スギ花粉症であることを確認します。
  • 治療開始は、スギ花粉が飛散していない時期(6月~12月)に行います。
  • スギ花粉症の液剤(ジダトレン)を、2週間かけて徐々に増量し、その後は一定量を長期間(3~5年)服用します。

 

服用方法

  • 1日1回、決められた量のシダトレンを舌の下に滴下し、2分間保持した後、飲み込みます。その後の5分間は、うがい・飲食は禁止です。
  • 初回の服用は、クリニックで行います。

 

さらに詳しく知りたい方は、鳥居薬品のホームページ
トリーさんにアレルゲン免疫療法ナビ」をご覧ください。